おすすめアイテム 女子旅 海外旅行出発前の準備 美容

これがあれば大丈夫!機内での乾燥に負けない保湿ケアアイテム

投稿日:2015年11月13日 更新日:

長時間のフライトだけじゃなく飛行機に乗ると肌がカサカサ乾燥してかゆくなったり、のどが乾燥して痛い、髪の毛がパサパサになっちゃう…なんて経験ありませんか?

飛行機内はとても乾燥しているので顔(肌)だけでなく髪の毛など体全体が乾燥しやすいんです。

 

調べてみると機内湿度は20%以下、温度は24度前後になるよう保たれているそうです。

 

どおりで長時間のフライトは体も冷えるし肌も髪の毛もパサパサに乾燥する訳だ…と納得してる場合ではありません!w

 

冷房による冷えはニキビ、吹き出物や肌荒れなどの原因になることも。

湿度が低い分しっかりと機内で保湿ケアをしないと肌が弱い人や敏感肌の人は長時間のフライトで肌が乾燥して肌荒れを起こす原因になる可能性もあります。

 

今日は、私が愛用中の機内での乾燥予防アイテム、しっかりと保湿できるおすすめのスキンケアアイテムを紹介

 

機内に持ち込みできるカバンにすっぽり入るコンパクトな美容グッズ、しっかり保湿できるスキンケアアイテムばかりなので持ち物が増える心配もなく旅コスメにピッタリ!

 

海外旅行中は観光やレジャーに忙しく食事も不規則になりがち。

 

せっかく楽しみにしていた旅行を肌荒れのせいで楽しめなかったり写真写りが悪くなるのを防ぐには事前にしっかり乾燥に負けない予防対策をして飛行機内での乾燥から肌を守り快適な旅行にしましょう♪



出発前から肌の負担をできるだけなくそう

保湿ケアも大事ですがその前にメイク落としてますか?

飛行機内でメイクオフシートを使ってメイクを落とすからとバッチリまたは薄化粧で乗る人もいると思います。

メイクオフシートは洗顔と違いメイクをふき取るので少なからず肌をこすっていることになります。

やさし~く拭き取っていたとしても中途半端にメイクが肌に残っている状態は逆に肌に悪いです。

 

長時間のフライトをスッピンで過ごすだけでなく旅行中のメイクの時短にもつながる眉毛エクステ

まつげエクステなどで工夫すればスッピンでもあまり違和感はないと思います。
個人差があると思うので言い切れませんが。。。



普段からまつげ美容液を愛用していると自まつげだけでもしっかりした目元を保てるようになります。


私の場合はフライトの時間に関係なく機内では出来るだけお肌に負担をかけないようにしたいので出発前からスッピンで空港に向かいます。

機内持込できる保湿ケアアイテム

実際に私が普段から飛行機内に持ち込しているスキンケア用品、保湿ケアアイテム。

乾燥する飛行機内でしっかり保湿してうるおいキープしてくれるものばかりです。

リップクリームで唇の乾燥対策

DHCのリップクリームを愛用しているので必ず旅行にも持っていきます。

リップクリームは普段から使っているものを忘れずに持っていきましょう。
予備が1本あると安心です。

 

のどの乾燥対策には濡れマスク

のどの乾燥だけでなく鼻の乾燥も防いでくれる濡れマスク

機内だけでなく時期によっては宿泊先のホテルでも使えるので便利です。

いつも持っていくのはこのマスク

濡れマスクがあってもノドが痛くなることもあるので一緒にのど飴があるといいです。

目の乾燥には目薬

起きて映画を見たり読書をしていると目も乾燥してきます。

 

普段からドライアイなので目薬は欠かせません。

 

手の乾燥防止にハンドクリーム

機内への持ち込みができる100ml以内のサイズを選びましょう。

私は旅行の時こういうプチサイズを2,3個持っていくようにしています。

飛行機のシートポケットに入れっぱなしにしていつでも使えるようにしているとうっかり忘れることがあります。

万が一、飛行機や車、ホテルに置き忘れてもプチサイズなので気にならないのと大きいサイズは荷物になるのでプチサイズが便利です。

 

顔の乾燥対策に保湿クリーム

乾燥を防ぐには肌をきちんと保護してくれる高保湿クリームが重要

韓国でCAさんに教えてもらったオールインワンの美容クリーム


機内に持ち込める30mlサイズ。

オールインワンクリームなので化粧水や乳液など持ち物が増える心配もいらずこれ1本でスキンケアの時間短縮になります。

今まで使ってきた保湿クリームの中でダントツで保湿力が高く一度塗っただけでも肌が潤うのを実感します。

保湿効果ばっちりなのにサラっとした使い心地でベタベタしないし、乾燥も防いでくれてとても優秀なクリームで気に入ってます

化粧下地にもなるので到着してからサッとファンデーションを塗るだけでOK

いちいち下地をつけたりする手間も省けるのでメイクの時短にもつながります。

飛行機に乗る前にトイレでサっと顔全体に塗ってから乗っています。

13時間弱のフライトでも塗りなおす必要もないくらいの保湿力の高さにおどろき、それ以来手放せませんw

ヴィーナスSHOP

 

髪の毛の乾燥対策

出発前はいつも通りトリートメントを済ませたあと洗い流さないトリートメントをつけます。

オイルなどでしっかりと髪の毛をパックした状態で飛行機に乗るようにしています。

頭皮までオイルをつけてしまうとベタベタになって気持ちが悪くなるので毛先を集中ケアするような感じでつけてあげましょう。

機内で髪の毛がパサついてきかな…と思ったらオイルをサッと手にとって毛先になじませます。

機内持ち込み出来るサイズで一度使っただけでも髪の毛がしっとりするので乾燥によるパサつきがなくなります。

乾燥対策にぴったりの髪の保湿液です。


内側からの保湿も忘れずに

飛行機内でもこまめに水分補給をして体の内側からの保湿ケアもしましょう。

お水や美容ドリンクがオススメです。



旅行中に役立つ美容アイテムの1つ、それが美容ドリンクです。

50mlと機内持ち込みできるサイズで飲みきりタイプなので必要な分だけ持って行けて帰りは身軽に帰れます。

美容ドリンクのいいところは何と言っても即効性があること。

飲むだけでつるっつるもっちもちの美肌を実感すると話題の1本。

今までの美容ドリンクでは実感できなかった効果を体験できたのでこの機会にぜひ試してみてほしい美容ドリンクです。

スプレーや香りの強いものはNG

機内でカンタンにできる保湿ケアアイテムを紹介しましたがすべてクリームタイプのスキンケア用品を選んでいます。

スプレータイプは座ったままの状態で使うと隣の人の迷惑になることも。

オイルや液体のものは機内が急に揺れたときにうっかりこぼしたりすることもあるので使いません。

ミスト式のスプレーや香りのきついものは機内ではできるだけ使わないまたはトイレに移動して使うのはエチケットです。

 

さいごに

カンタンなのにシッカリと保湿ケアできる乾燥防止対策グッズを紹介しました。

大事なのはしっかりと保湿して乾燥しない肌にしてあげること。

それともうひとつ忘れてはいけないのは機内持ち込みできるサイズであること。

この2つが重要です。

飛行機内への液体物持ち込みは100ml/gと決まっているので規定内のサイズの保湿アイテムを準備しましょう
液体物持ち込み制限

機内での乾燥対策として薄暗くなってからフェイスパックをする人もいます。

そのままうっかり寝てしまうと余計肌が乾燥することになるのでパックを使うときは気を付けましょう。



どれも選りすぐりの乾燥対策アイテムを紹介しました。

機内だけでなく宿泊先のホテルでもできるカンタンな乾燥対策グッズばかりです。

すべてカバンに入るコンパクトなものばかりで機内への持ち込みも苦にならない大きさ。

長距離のフライトはもちろんのこと普段から飛行機内での乾燥を気にしている人や旅コスメ選びに悩んでいる人の参考になると幸いです。

乾燥による肌荒れを防いで楽しい旅をしましょう♪

 

スポンサーリンク





-おすすめアイテム, 女子旅, 海外旅行出発前の準備, 美容

関連記事

【むくみ撃退】あると便利な着圧ストッキング【トラベルグッズ】

中~長時間のフライト、機内で快適に過ごすのに欠かせないアイテムを紹介。 長時間座りっぱなしだと足がむくんで到着してから歩くのがだるかったりし …

つらい時差ボケをラクに解消!時差ボケ予防におすすめの「光目覚まし時計」inti4/インティフォーでカンタン時差ボケ対策

海外旅行で欧米や北米、南米など日本から遠い場所に旅行するとき気になるのは”時差ボケ”ですよね?   せっか …

【台湾】桃園空港MRTの乗車券がスマホでカンタンに購入できるアプリ「桃捷TICKETS」が登場!!

桃園空港MRTの乗車券がクレジットカードで事前に購入できるアプリ「桃捷TICKETS」が12月1日から無料配信されました\(^o^)/ &n …

海外ATM引出しに強い「住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカード」

海外旅行で現地ATMを使ったキャッシング、現地通貨の引き出しをする人も最近増え始めています。   日本で使っているキャッシュカード …

うっかり…出国後の忘れ物

久しぶりにやらかしましたテヘッ   チェックインを済ませすぐに出国   めちゃくちゃスムーズすぎて   時間を …


Amazon.co.jpアソシエイト

こんにちは!
プロフィールはコチラ