女子旅

【女子旅】経血カップってどうなの!?【第三の生理用品】

投稿日:2017年8月2日 更新日:

日本ではあまり普及していない「経血カップ」

経血カップを周りで使っている人がいなくてなかなか使い始める勇気がない…

そんな人も多いはず!?

生理用品のことはココでも書いたけど結論を言ってしまうと普段から使い慣れているものが一番安心です。

いろんな生理用品がある中で経血カップもそろそろ気軽にチャレンジできるような日も来るのでは!?と思っています

 



経血カップって何??

 

【経血カップ】と言う言葉自体あまり聞きなれないと思いますが、旅をしていたり海外にいると一度は聞いたことがあるかもしれません。


出典:spotlight-media.jp

特に海外の女性は愛用者が多いんです。

 

前回書いた通り、生理用ナプキンと違い使い捨てではなく経血カップは何度も繰り返し使うことが出来ます。

 

ただし装着方法や手入れに少しばかりの手間がかかります。

 

デリケートな場所に入れるものだからこそ手入れを怠るわけにもいかない

慣れてしまえばカンタンなんです!

 

慣れるまでに時間がかかるので特訓が必要です。

 

生理用タンポンとの違いは、タンポンのように奥まで入れるのでなく、膣の入口に入れて経血の受け皿のように使います。

 

生理用ナプキンやタンポンに比べ、交換回数が少なくて済むから、手間もコストも減ると言うことで長期的に旅をする女性に人気があります。

 

月経カップ(げっけいカップ)とは、ナプキン、タンポンに替わる生理用品である。

経血カップとも。英語ではMenstrual cup(メンストラルカップ)と呼ばれる。

主にアメリカ、イギリス、カナダなどの英語圏で製造・販売されている。

鈴の形をしていて、タンポンと同じように膣の中に入れて使用する。

天然ゴム(ラバー)、医療用シリコンなどの素材で作られる。

代表的なものにKeeper(天然ゴム)、DivaCup(シリコン)、Mooncup(シリコン)などがある。

そのほとんどが再利用可能で10年以上使用できる。

使い捨てのInsteadという月経カップに似た製品もある。これは下記「使用方法」のように膣口付近で使うものではなく、ペッサリーのように子宮口にかぶせて装着する。
(引用:ウィキペディア)

経血カップのメリット・デメリット

☆メリット

ナプキンやタンポンよりも長時間使用できる(12時間まで)

タンポンのように、毒素性ショック症候群(TSS)を引き起こす原因にならない。

1個あたり日本円で4000円前後と単価は紙ナプキンなどと比べて高価である一方、長期使用することで結果的にかかる金額が少ない。

経血が外気にほとんど触れないままカップにたまるため、漏れ及び経血につきものと思われている「匂い」がほとんど出ない。

 

☆デメリット

使用者によっては出し入れを困難に感じる。使うに従って慣れていくことも多い。

外出時に公共トイレなどで使用した場合、個室内に手洗いシンクが無いことが多く気を遣う。

洗浄の必要があるため、清潔な水を確保しにくい環境(災害時・登山など)では使いにくい。

交換のタイミングが合わないと漏れることもある。

(引用:ウィキペディア)

 

経血カップの使い方は?

・折りたたんで入れるだけ。

出典:www.excite.co.jp

「折りたたむだけ」言葉にすればたったそれだけなんですけど

 

コレがまた慣れるまで難しい。

 

シリコンなどの柔らかい素材なので折りたたむのもカンタンです。

 

滑りやすい素材なのでおどおどしてると床にポトっと落としたりw

 

タンポンと違い入れると言うよりも”入り口に蓋する”と言った表現が分かりやすいかも知れません。

 

違和感があるんじゃないの!?

 

と思う人がほとんどだと思いますが、不思議なことに違和感が全くありません!!

 

装着の際、痛みなどは一切ないので、慣れてしまえば装着していることを忘れてしまうくらい快適だとの声も聞きます。

 

そこで気になるのは、漏れないの?って心配だと思います。

 

経血カップは長時間(12時間)使用出来ます。(サイズにもよります)

 

経血をためる仕組みになっているので漏れの危険性なく長時間使用する事が可能です。

 

多い日でも取り替えは1日2~3回程度でいいのもうれしいですよね。


出典:www.sckooncup.jp

 

つまりは、漏れる心配はほとんどないと言うことです。(個人差があります。)

 

月経カップは知っているけど、使うことに躊躇している人の大半の理由が

 

・体の中に装着するのが不安


・タンポンと違ってヒモが付いてないので取り出せなかったらどうしよう…

 

大まかに言ってしまえばこの2つだと思います。

 

体の中に装着する不安と言うのは、最初のうちは違和感があり慣れるまで時間がかかってしまうけど

慣れてしまえばどーってことないです。

 

蒸れたりすることもないので暑い時期は快適に過ごせます。

 

経血カップってスグに取り出せるの?

イチバンのネックになっていると思われるのが

 

「取り出せなかったらどうすればいいの?」

 

ってことじゃないかなーと思います。

 

取り出し方は、カップの底についているシッポのような部分を指先でつまんで出す。

 

緊張していると変に力が入っていてなかなか出てきません。

 

焦らずにゆっくりと取り出せば問題なく出てきます。

 

取り出し方については、慣れるしか方法がないです。

 

リラックスして取り出すこと!

 

体の力を抜いてゆ~っくり取り出しましょう。

 

素材が柔らかいのでコツをつかんでしまえばスルスルーっと取り出せます。

 

経血カップのお手入れ方法は?

・外出先などでの取り替え時

取り出したカップの中の経血をトイレに流します。

その後、カップを水洗いします。(海外で使用する場合は水道水ではなくミネラルウォーターで水洗いすることを推奨します)

 

・洗浄方法

お湯と無香料の石けんで洗います。

この時、上部にある空気穴も石けん水を通して洗いましょう。

お湯ですすいだら、再装着可能です。

 

・生理が終わったあと

2~5分ほど煮沸消毒します。

耐熱容器に水を入れ、レンジを使用して蒸気消毒も可。

しっかり水気を拭き取り、布袋に収納して次の月経まで保管します。

 

経血カップはどこで買えるの?

月経カップは海外製のモノが主流となっています。

 

購入方法はネット通販になります。

 

最初はちょっと高価に感じるかもしれません(¥4,000前後)

 

一度購入すると、10年程度は使用できるので、生理用ナプキンやタンポンを買うことを思えばコスパは歴然です。

 

経血カップは種類が豊富

見た目にも可愛くてカラフルなのでどれを選ぶか悩んじゃいますよね。

 

月経カップで代表的なのがムーンカップだと思います。

 

ムーンカップ

イギリス製の医療用シリコン製の月経カップです。

メルーナ

ドイツの月経カップ。

カップの底がリング型になっていて取り出しやすい作りになっているのが特徴です。

初心者でも扱いやすいと人気になってます。

ナプキンやタンポンと比べると交換回数が少ないので、初期費用がかかってしまいますが

月経カップは毎月、長く使っていくと考えるとお財布にも優しく経済的です。

サイズが数種類あるので、最初はSサイズなどの小さめのものを選ぶといいでしょう。

専用の洗浄液も出ているので水洗いで不安な人は専用の洗剤で洗うといいでしょう。

海外の経血カップのほうが種類が多く

日本人の体形に合うの?

と心配になっている人もいるんじゃないでしょうか?

心配無用です!!

日本人女性のために作られた経血カップ

日本人女性のために作られたMADE IN JAPANの経血カップがあるんです!!

ローズカップ

日本女性に合うように海外製品より一回り小さく成形!

品質基準クリアしたFDA登録のシリコンと着色料使用で安全!

使いやすさを重視した柔らかさやデザイン!

体調管理にも便利なメモリで経血量がチェックできる!

シンプルで使いやすい収納ケース付!

真空パックにて梱包されているので衛生的!

第三の生理用品「ローズカップ ROSE CUP」公式サイト→HP

さいごに

ざっくりと紹介してきましたが、生理用品とは思えないカラフルな色が多く選ぶのも楽しくなってきますね。

 

 

これから長期で海外に行く予定があって生理用品をどうするか悩んでいる人

一度使ってみたいと思って調べている人

布ナプキンなど使ってみたけどイマイチ合わないと感じている人などなど

生理用品のことで悩んでいる女性は多いと思います。

月経カップだとカバンの中で嵩張ることもなく荷物が増えるなどの心配もないのがうれしいところです。

第三の生理用品と言われている月経カップに挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク





-女子旅

関連記事

72時間限定SALE

HAPPY Valentine’s Day バレンタイン 自分の大好きなチョコをいっぱい食べる幸せな日(*´艸`*) さて私から …

【旅の必需品】これがあれば荷物が増えても安心♪楽に荷物の重さを計れるラゲッジチェッカー

LCCなど格安航空券で気軽に海外に行けるようになったけど気になるのは、荷物の重さ…   過去に重量オーバーとなり空港で荷物を詰め替 …

心と体のデトックス 仕事や人間関係に疲れたら毒素を捨ててラクになる癒しの旅に出かけよう【女子ひとり旅のススメ】

ストレスたまってませんか?   女性の働き方もどんどん進化していき女性が活躍しやすい時代   社会で活躍する機会が増えた …

海外格安パックツアーをシェアをすると一人参加費の節約になる!

SNSの普及で海外に行っても現地で日本人とカンタンに出会う機会が増えました。   一人旅での食事は日本と違って厳しい部分もあります …

これがあれば大丈夫!機内での乾燥に負けない保湿ケアアイテム

長時間のフライトだけじゃなく飛行機に乗ると肌がカサカサ乾燥してかゆくなったり、のどが乾燥して痛い、髪の毛がパサパサになっちゃう…なんて経験あ …


Amazon.co.jpアソシエイト

こんにちは、インドネシア・バリ島に暮らしている凛です。

いっぱい食べて、いっぱい寝て、好きなことをいっぱいする。

おいしいご飯を食べているときが一番幸せです(^-^)

毎日ストレスフリーでのんびりやってます。

詳しくはコチラ