ベルギー

本場ベルギーの老舗DANDOY(ダンドワ)で食べた出来たてリジェール風ワッフル

投稿日:2015年12月29日 更新日:

ワッフルって言えばマネケンの丸くて表面がサクサクしたワッフルのイメージでした。

本場ベルギーで見たワッフルは2種類。

ワッフルに種類があることをはじめて知りました!!



ベルギーのワッフルは2種類

ベルギーで見かけたワッフルは2種類。

 

リジェール風とブリュッセル風です。

 

リジェール風っていうのは日本でおなじみの表面がサクサクのワッフル

 

もうひとつのブリュッセル風はパンケーキに近いワッフル。

 

屋台?みたいなところで1ユーロで売られているのは見かけたけど一人で食べたら間違いなくお腹いっぱいになりそうなボリューム

 

ベルギーのワッフルと言えば…

ベルギーのワッフルで有名なお店と言えば「MAISON DANDOY/メゾン ダンドワ」

 

1829年創業、ベルギー菓子の老舗といわれています。

 

MAISON DANDOY/メゾン ダンドワは東京店もあるし日本でも購入できますが…

 

せっかくなので本場で食べてみたかったので行ってきました。

 

ブリュッセルのMAISON DANDOY/メゾン ダンドワの場所は?

グランプラス周辺にダンドワは何店舗かあります。

 

カフェ併設のダンドワがある場所は、ロコフォルテホテルアミーゴの近くです。

グランプラスから歩いて2分くらいの場所にあります。

 

1階が店舗になっており2階がカフェになってます。

 

ダンドワに入ると甘いにおいが充満していて店内にはいろんなクッキーやワッフルが並んでました。

 

スペキュロスニコラスがたくさん並んでて見てるだけでも楽しめます。

店員さんが試食させてくれるので味が気になる人は遠慮せずに声をかけてください。

 

2階のカフェスペースに上がると店員さんが席に案内してくれます。

 

ダンドワは日本語のメニューが用意されています。

ブリュッセルのMAISON DANDOY/メゾン ダンドワでリジェール風ワッフルを食べてみた!

 

注文したのは”リジェール風ワッフル”

 

オーダーが入ってから1階で1枚1枚焼いています。

フルーツなどのトッピングも出来ます。

 

今回はトッピングなしでホイップクリームのみにしました。

 

ホイップクリームは日本のクリームに比べると甘くなくあっさりしています。

大きさは日本で売っているマネケンのワッフルと同じ大きさです。

 

焼き立てだけあってアツアツのサクサク。

 

外側がカリカリしててアッという間に食べ終わりました。

 

ワッフルはお土産にもぴったり

お店の人にお願いしてワッフルを持って帰りました。

 

1個3ユーロ

店頭には持ち帰り用のワッフルは並んでなかったけど定員さんに聞いてみると

 

「少し時間がかかるけどそれでも良いなら~」と快く引き受けてくれました。

 

忙しい時間帯は断られるかもしれませんが持ち帰りしたい人はお店の人に確認してください。

ブリュッセルのMAISON DANDOY/メゾン ダンドワ

MAISON DANDOY/メゾン ダンドワ ティールーム アンド ワッフル

Rue Charles Buls 14, Brussels 1000, Belgium

営業時間:9時30分~22時

日曜日だけ朝10時30分開店

日本語メニューあり

公式サイト:MAISON DANDOY

海外旅行で大活躍【ミライノカード GOLD】

スポンサーリンク





-ベルギー

関連記事

ベルギー・ブリュッセルのクリスマスマーケット

オランダ、ドイツ、ベルギーこの3か国の中で一番人が少なくキレイなのにどこか寂しい フランスでのテロの影響でベルギーの観光客は激変 クリスマス …


Amazon.co.jpアソシエイト

こんにちは、インドネシア・バリ島に暮らしている凛です。

いっぱい食べて、いっぱい寝て、好きなことをいっぱいする。

おいしいご飯を食べているときが一番幸せです(^-^)

毎日ストレスフリーでのんびりやってます。

詳しくはコチラ