バリ島 海外SIM情報

【2018年最新版・追記あり】バリ島 ングラ・ライ国際空港(デンパサール空港)でトラベラーSIM「simPATI」の購入方法と気になる値段は!?

投稿日:2018年6月10日 更新日:

インドネシア、バリ島 ングラ・ライ国際空港(デンパサール国際空港)で、SIMカードを購入する方法、料金プランを紹介。

 

実は今まで街中で気軽に安く購入することが出来たSIMカード

 

2018年2月からSIMカードは事前登録が義務付けられ外国人観光客が気軽に街中でSIMカードを購入することが出来なくなりました。

 

SIMカードの購入はングラ・ライ国際空港(デンパサール国際空港)またはTelecom社のオフィスに行く必要があります。

※2018年7月14日:TelecomSel GraPARI officeで外国人がSIMカードを購入する方法・値段を追記しました。

 

SIMフリーのスマホなら現地でSIMカードを購入しSIMカードを差し替えるだけで日本と同じようにスマホが使えます。

 

今後、バリ島へ旅行する人で空港でSIMカードを購入しようと考えている人へSIMカードの購入方法や売り場、料金プランを説明します。

 



トラベラーSIM「simPATI」の購入前にルピアを用意しよう

SIMカードの売り場の説明の前に、忘れてはいけないのが現地通貨への両替です。

 

税関を通過し外に出ると両サイドに両替所があります。

 

ATMもあるので日本円しか用意していない人は

両替所での円→ルピアへの両替

ATMでの現金引き出しを一番最初にしましょう。



クレジットカードでの購入は出来ないので現地通貨はSIMカードを買うのに絶対必要です。

 

ングラ・ライ国際空港(デンパサール国際空港)のSIM売り場

入国審査→預け荷物の受取→税関を過ぎて外に出ます。

 

SIMカード売り場は、外に出て左側へ進むと真っ赤なお店があります。

めちゃくちゃ目立っているのでスグにわかります。

 

赤いカウンターが大手TelecomのSIMカード売り場です。スタッフの人も赤い制服なので目立ちます。

 

Telecomのカウンターの隣に青いカウンターのXL社のSIMカード売り場がありました。

 

気になるお値段は…?

今回購入したSIMカードはインドネシア大手のTelecom社のsimPATIです。

 

料金プランは5種類

以前の料金プランは
・10㎇:350K
・15㎇:400K
※データ通信(インターネットのみ)

 

この2種類だけでした。

 

2月以降の料金プランは5種類に増えました。

一番安いプランが15㎇で
お値段は300K(300,000ルピア)
日本円で約2,349円(JPY=0.008)
※2018年5月のレート

 

プランを決めて、カウンターにいるスタッフに番号を伝えてパスポートとスマホを渡します。

 

スマホを渡す前に設定を「English」に変更しておきましょう。

 

セットアップなど全てやってもらえます。

 

きちんとインターネットに繋がるのを確認したらお金を払って終わりです。

 

日本のSIMはセロテープで台紙に貼り付けてくれます。

SIMカードがベタベタになるのが嫌な人や失くす心配のある人にオススメなのがこちら!!

 

クレジットカードよりも薄いのでお財布や貴重品ケースの中でかさばる心配もなく便利なアイテム☆

 

 

実は日本で購入出来るバリ島のSIMカード

 

バリ島で使えるSIMカードがAmazonから購入出来ます。

 

短期の旅行であれば現地空港でSIMを購入するよりもAmazonで購入するほうが安い場合もあります。

日本にいる間にセットアップも出来るのでバリ島に到着した瞬間からスマホが使えます。

旅のプランに合わせてSIMを選んでみましょう。

 

【追記】TelecomSel GraPARI officeで外国人がSIMカードを購入する方法と値段

TelecomSel GraPARI officeはバリ島内に何店舗かあります。

GraPARI officeはココから調べられます。

営業時間が短く17時には営業が終わっているお店が多いのが難点。

 

空港から一番近い場所にあるクタ モルバリ ギャラリア(Mal Bali Galeria)にあるGraPARI officeは21時まで営業してます。

 

モルバリ ギャラリアのGraPARI officeで外国人でもSIMカードの購入が可能です。

要パスポート

入口に警備員の人がいるので「SIMカードを買いに来た」と伝えるとピっと番号札を出してくれるそうです。

店内に入ると日本の携帯ショップと同じように番号が呼ばれるのを待ちます。

 

購入方法は空港と同じようにデータ容量を選択してスマホを店員さんに渡してセットアップしてもらう流れです。

パスポートの確認があるので忘れずにしっかり持っていきましょう。

異なるのはデータ容量が小さいプランから選べると言うこと!

 

空港でのSIMカードは15GBからに対してGraPARI officeでは3GBから選べます。

SIMの有効期限はデータ容量によって異なります。

3GBで1か月間有効、最大で9か月間有効
※延長可能

 

気になるお値段は…

3GBのデータ通信

SIMカード代を含めて

合計170,000ルピア

日本円で約1,340円
(2018年7月時点)

空港で購入するよりかなり安いです。

気になる点はGraPARI officeの営業時間が短く店舗数も限られていること。

モルバリ ギャラリア(Mal Bali Galeria)

 

(2018年7月14日、バリ島から帰ってきた友人からの情報提供により追記しました。)

 

さいごに

キャリアの海外パケットプランはどうしても割高になってしまうけどSIMの入れ替えやWi-Fiのセットなどする必要がないのでめんどくさがりな人にはちょうどいいかもしれませんw

Wi-Fiのレンタル、現地でSIM調達、キャリアのパケ放題どれを選ぶか出発前にちゃんと決めておきましょう。

2,3日の短期滞在で15㎇を使い切るのはかなり難しいので、短期旅行であれば事前にAmazonでのSIMカード購入かWi-Fiのレンタルがお財布にも優しいと思います。



キャンペーン期間中だとお得にレンタルすることが出来ます。

 

 

日本からバリ島までの直行便を利用するとデンパサール空港への到着が夕方になるので

空港から近いクタのGraPARI officeへ直行すれば営業時間内に間に合うのでは!?

 

と思う人も多いかも知れませんが…

 

入国審査や税関申告書は常に混雑していることが多く空港に到着してから入国手続きを済ませて外に出るまでに最短でも約1時間以上はかかることが多いので21時の営業時間内に行くのは厳しいかなーと思ったりもしてます…

 

次回、GraPARI officeへ行く予定なので情報などシェアしたいと思います。

 

以上、バリ島 ングラ・ライ国際空港(デンパサール国際空港)でのSIMカード購入方法と料金プランの紹介でした。

 

少しでも役に立った!!と思ったらシェアして頂けると喜びます♪

 
バリ島への旅行の時は虫よけスプレーも忘れずに!

‣空港送迎だけでなく現地オプショナルツアーが安く予約できる↓

 

スポンサーリンク





-バリ島, 海外SIM情報

関連記事

バリ島ウブドの超人気ローフード・ヴィーガンカフェSayuri Healing Foodに行ってみた!

バリ島・ウブドのJalan Sukma通りにあるSayuri Healing Foodに行ってみました! 店名からわかるように経営者は日本人 …

バリ島ウブドのオシャレカフェSeniman Coffee Studio/セニマンコーヒースタジオ

バリコピも美味しいけど飲みなれてない人にはちょっとハードル高かいですよね。   慌てて飲んで粉まで飲んじゃったりとか…汗 &nbs …

バリ島ウブドで安宿(ロスメン)のUmah Anila(ウマ アニラ)に泊まってみた…!?

最初に… 「Umah Anila(ウマ アニラ)」 を私は予約して行ったけれど案内された宿は 「Ayuning Spa&Guest …

ヨーロッパ周遊旅行に便利なVodafone IE(Vodafoneアイルランド)RED Roaming SIMを使ってみた感想!その②

2015年のドイツ、オランダ、ベルギーの3か国を周遊するときに使ったVodafone IE(Vodafoneアイルランド)RED Roami …

バリ島・PERAMA BUS/プラマバスでウブドから空港まで行ってみた!

こんにちわ、凛です。 先日のアグン山の噴火で空港閉鎖。 LCCの欠航などが相次ぎましたがフライトのキャンセルや欠航など想定外のことが起こると …


Amazon.co.jpアソシエイト

こんにちは!
プロフィールはコチラ